無痛×効果の性能比較は「ハイパワー電気供給」と「ロングパルス」で!

供給電力(定格電力)2500Wクラスであること、そしてパルス幅が15ミリ秒以上(ロングパルス)であること。この2つが「無痛×効果」の性能比較の重要な基準です。ポータル型(小型卓上型)の実情は1200W~1650W。これでは高速稼働時に光の出力が減ってしまいます(=次の発光のための充電が間に合わ

スーパー冷却・マイナス25℃

最大設定時にはマイナス20℃まで冷却できる「スーパー冷却装置」を内蔵。脱毛やフェイシャルでの発光時の「熱による痛み」を冷却でキャンセル!「無痛脱毛」を支える重要な機能です。写真の-25度は、最高級機「PEGASUS PRO」での数値です。大型機ほど連続冷却能力が高くなり、より無痛で

最大パルス幅20ミリ秒、ロングタイム発光が支える無痛性能

光脱毛機では、発光時間を短くすることで、機械全体を小型にできます。最も小型な家庭用マシンでは、発光時間(パルス幅)は、ごくわずか。業務用でも100V稼働のポータル型の多くは、6~8ミリ秒です。理想的なパルス幅は、20ミリ秒(&15ミリ秒)医療用マシンの場合、パルス幅の平均は20ミリ秒。数

フェイシャル必須機能:E-Light

光フェイシャルの効果を高めるために、高級機ではもはや「必須」とも言えるE-Light.E-Light(Eライト)は、当社のpixie EXシリーズとPEGASUS全シリーズに備わっています。Eライトとは?Eライトは、通常の光(Intense Pulse Light)に加えて、同時に

ロングパルス15ミリ秒の無痛性能

光脱毛機では、発光時間を短くすることで、機械全体を小型にできます。最も小型な家庭用マシンでは、発光時間(パルス幅)は、ごくわずか。業務用でも100V稼働のポータル型の多くは、6~8ミリ秒です。理想的なパルス幅は、20ミリ秒(&15ミリ秒)医療用マシンの場合、パルス幅の平均は20ミリ秒。数

2500Wで連続照射

2500Wのハイパワー電力供給を行うと、秒7ショット程度の安定動作を行えます。実は秒7~8ショットは、脱毛に半年ほど慣れたサロン様で最も多用されている速度。これより遅い機械だと「脱毛の操作に慣れるに従って、機械の遅さにストレスを感じる」ことでしょう。最近は、どのような小型機でも「秒10ショット」の

TOP