光脱毛機では、発光時間を短くすることで、機械全体を小型にできます。最も小型な家庭用マシンでは、発光時間(パルス幅)は、ごくわずか。業務用でも100V稼働のポータル型の多くは、6~8ミリ秒です。

理想的なパルス幅は、20ミリ秒(&15ミリ秒)

医療用マシンの場合、パルス幅の平均は20ミリ秒。数字が大きいほど、光の熱が皮膚の奥まで届くので、効果が高いのです。パルス幅が長いことのメリットは2つ!

  1. 弱い光でも十分脱毛できる! SHR重ね打ちと同様の効果「肌に優しい光で、しっかり脱毛」
  2. メラニン(黒色)ターゲットでなく「蓄熱」で毛包全体がターゲットに!これにより、脱毛コースの後半で必要になる「産毛脱毛」にもしっかり対応できるのです! 高級機が「金髪」や「白髪」にも対応できると言われるのは、ロングタイム発光ができる基本力があるからなのです!

脱毛の後半期間(特にうぶ毛)に最も効果的なパルス幅は、15ミリ秒~20ミリ秒と言われています。

多くの脱毛機のパルス幅が短い理由

それは「パルス幅を大きくするには、機械が大きく・高価になってしまうから」です。

パルス幅が短くても光だけは届くので、毛根が黒々とある前半期間での脱毛は進みます。しかし上の絵でオレンジ色の面積が熱量です。
「1回の照射での効果は半分くらい(当社でのパルス幅を変えた実験結果)」となりました。
「小型機は脱毛力が弱い」と言われるのは、このパルス幅の短さが原因です。「電気をしっかり蓄えて、長い時間照射しないと抜けない毛がある」ため、パルス幅が短い場合に産毛などに対応するには「何度も重ね打ちが必要」になります。(※当社内での機種比較に基づきます)

電圧をあげて効果を増やす方法もあります

J(ジュール)数は、「電圧」x「パルス幅」なので、小さな機械では、電圧、つまり出力を上げて脱毛力を高めます。しかしこれは「痛い」ということになり火傷の原因にもなります。なぜか小さな機械の方が痛いのは、これが原因ですね。

結論:パルス幅の大きな機械は(少し大型で高価だけど)「効果が大きくて」「痛くない」「産毛等もOK」なのです!

パルス幅の大きさは、機械内部ではキャパシタ(ドイツ語ではコンデンサー)という大型の電気部品が役割を担っています。「大型機ほど安心・安全・効果的」ということなのですね!

PEGASUS2では、36,000μFの大型コンデンサーが(上図)、
PEGASUS 2019と、PEGASUS PROでは、44,000μFの大型コンデンデンサーが使われており「優しい光でも抜ける」「痛みが無くて安全」「産毛や白髪にも対応」を実現しています。「重ね打ち不要」なのも、このロングタイム発光のおかげです。

※「20ミリ秒」対象機種:PEGASUS 2019PEGASUS PRO

44,000μF × 2500W電力供給で「20ミリ秒」を達成しています。優しい光でもしっかり脱毛できるから「痛くない」を実現しています!

関連記事